紙袋ブログ

手提げ袋を紙にすべき?それともポリや不織布?

  • :2017年11月13日

手提げ袋の素材は何がいいか

皆さん、手提げ袋をどれくらいの頻度でご使用になられるでしょうか?

企業宣伝では、カレンダーやメモ帳、ボールペンなど色々な配布物が活用されていますが、その中でも手提げ袋は大きな役割を担ってくれています。
手提げ袋にメッセージ性のあるイメージや商品写真などを印刷し、それを街で持ち歩いてもらうことでも宣伝効果があります。
さらに手提げ袋は、持ち運びするのに適しておりリユースが期待できます。

そのためにオリジナルで企業宣伝用に手提げ袋を作るためにネットでの業者を探される場合も多いと思います。
ただ、手提げ袋といっても色々な素材があり、紙製のものやレジ袋のようなポリ製のもの、不織布やコットンといった丈夫なものなどがあります。

  • 紙袋

  • ポリ袋

  • 不織布バッグ

  • エコバッグ

他にもサイズ、形状、加工方法についても様々。
安価に手提げ袋を作りたいなら紙製のもの以外にビニールや不織布などがあります。特にビニール製のものは一番安く作ることが可能な素材です。
今回はそのような素材の中で紙製のもの選ぶ利点や効果、またはデメリットなどをお伝えしたいと思います。

紙製の手提げ袋のよくある利用シーン

紙製の手提げ袋は、どういった場面で利用されているのをよく見かけるでしょうか?
会社員の方でしたら、よく展示会などで持ち手がハッピータックというプラスチック製の持ち手になっており、袋の口部分をとめられる紙袋を見かけるのではないでしょうか。

少し重めのパンフレットや資料など入れるのに適しており、ハンドル部分も丈夫で持ち手が抜けることがほとんどありません。
企業や商品の宣伝活動は様々な手段がありますが、これらの場面においては認知度を高めるためにオリジナルの手提げ袋を配布する機会が増えています。

または、よく洋服を買う人であればアパレルショップなどの商品を入れるための紙袋でしょうか。
カフェや雑貨店でもよく紙製の手提げ袋を見かけますね。
また買った商品などを引き立てるような紙袋であれば、買ったお客様の満足度も高まります。

紙製の手提げ袋は、リユースされることも多くデザインにこだわったものが多くあります。
例えば、持ち手をリボンにしているものや紙袋の表面を凸凹にエンボス加工したものなど。デザイン性のある紙袋は特にリユース率が高くなります。
また、見た目のいい紙袋を捨てるのがもったいなくて家で保管している人も多いそうです。

ビニール、不織布の素材と比べて

不織布やビニール製の手提げ袋は紙製のものよりも安価で作成できます。
不織布であれば、紙袋よりも強度に強くリユース性が高いですがデザイン性が低いのが特徴です。フルカラー印刷をする場合には制作コストがとても高くなってしまいます。

ビニールであれば、雨に強くとても安価で作成可能ですが強度的に伸びやすい素材ですのでリユースがあまり見込めません。

紙製の手提げ袋は他の素材と異なり、紙に対して表面加工をしたり印刷適性が高いこと、持ち手もスピンドル紐やハッピータック、ツイストコードが選べたり、紙の素材も様々なものが選べます。
選べるオプションが多いために、オリジナル性が高く、高級感も演出しやすいためブランディングはにとても適した素材と言えるでしょう。
先ほども述べましたが、紙製の手提げ袋はブランディングに向いている素材です。その反面、雨には弱く他の素材に比べて制作コストが掛かります。

制作コストが高くてもデザイン性や宣伝効果が高い手提げ袋を選ぶのであれば、紙製の手提げ袋を選ばれるといいでしょう。


LINEで送る
Pocket

オーダーガイド

紙質を選ぶ サイズを選ぶ 印刷方法を選ぶ ハンドルを選ぶ オプションを選ぶ 参考価格例 実績一覧 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他