オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
紙袋売り上げNo.1
レレカの電話番号は0120828117

紙袋コラム記事

紙袋印刷ブログ

引き出物用のオリジナル紙袋の製作について

引き出物用のオリジナル紙袋の製作について

まずは、引き出物用の紙袋によくある仕様のご紹介

結婚式を開くとなると、招待状や席次表を作ったり、音楽を用意したりなど、準備することが多くて大変。

そんなやることのなかに、節約の意も込めて、ご自身で引き出物袋を用意しようとしている場合。直前で焦って注文したがためにサイズをまちがえたなどのトラブルがつきものです。

また、せっかくの結婚式で配る引き出物ですから、中身が安っぽく見えてしまわないように紙袋は高級感がなくてはなりません。

ほか、一般的な紙袋とは異なり、紙は厚く、マチは広く、底ボール(中敷)を敷くなど気をつけなくてはいけない点がいくつかあります。

はっきりとした規定はありませんが、以下にまとめたものが引き出物用の紙袋の特徴です。

  • 陶器などの重いものを入れても耐えれるよう、紙はしっかり厚みがあり、丈夫である必要がある。
  • 紙の表面にはラミネート加工が施され、水に少し濡れたくらいでは破れない。
  • 中敷きがある。
  • 素材は上質な紙が使わていて、見栄えがいい。

引き出物紙袋を作る際には、このようなポイントを踏まえてご依頼いただければと思います。

引き出物用の紙袋におすすめのオプション

さらに詳しく、引き出物用の紙袋の仕様についてご紹介していきます。

引き出物用でよくある材料や加工の組み合わせは以下になります。

紙の素材
カード紙(水に強く、丈夫な素材)
表面加工
マットPP加工(ツヤのない、落ち着いた印象になります。また、耐湿性にも優れています)
ハンドル
ツイストコード(3本の紐をひねって1本に仕上げており、光沢があります)
印刷
箔押印刷などを使い、豪華な印象に仕上げています。

これに加えて、エンボス加工という表面を凸凹にする加工を施すお客さまもいらっしゃいます。 また、紙そのものは茶色や白色、クリーム色、黒色などの落ち着いた色合いのものが選ばれています。

引き出物用の紙袋の手配について

結婚式場が用意している引き出物バッグは、1枚当たり400~600円ほどかかります。
もし、ご自身で紙袋を用意される場合は、もちろん仕様や注文枚数にもよりますが、1枚200〜400円ですのでお得に手配できます。

ただ、紙袋をご自身で用意される場合には、以下の点を事前にチェックしておく必要があります。

式場に確認を!

持ち込み料が発生するところもあります。そうなると、式場で用意した場合と値段が変わらない場合もあります。

引き出物のサイズの確認!

引き出物には器やお菓子など大きいものを選ばれるのではないでしょうか? そのため、紙袋の作製を依頼する前に引き出物のサイズを確認しておきましょう。

早めの手配を!

完全にオリジナルで紙袋を制作する場合には長くて1〜2ヶ月の製作期間をいただく場合があります。
早めに、かつ不足がないよう多めに紙袋の注文をするようにしましょう。

 

なお、レレカではこれまでにたくさんの引き出物用紙袋のご依頼をいただいた実績がございます。
もし、ご自身で用意される場合は、お気軽にご相談ください。
金額や納期も含めて、ご希望に沿った紙袋になるようにご提案いたします。

紙袋印刷・オリジナルの手提げ袋製作ならオリジナル紙袋WEB レレカ

最近はトートバッグも人気

最近では引き出物袋をトートバッグにする新郎新婦もいらっしゃるそうです。
せっかくお金を出して引き出物バッグを用意するなら再利用できるものに、ということでトートバッグにオリジナルのデザインを印刷したものを渡されるそうです。

トートバッグもレレカではお取り扱いがございますので、ご希望の方は下のリンクよりご確認ください。

トートバッグ・エコバックの印刷ならオリジナルトートバッグWEB レレカ


おすすめ関連記事