紙袋印刷ブログ

丈夫な紙袋の作り方ガイド!適切な素材・ハンドルを選ぼう

  • :2018年05月08日

丈夫な紙袋を作るには、どんな仕様を選べば良いのか?

重量のある物を入れるために紙袋を作る場合、その強度が気になる方もいらっしゃると思います。
分厚いカタログを数冊入れたり、ワインボトル、お酒などを複数入れる場合がそうですね。
 

紙袋の強度は増すことができるのか?
また、丈夫な紙袋を作るにはどうすればよいのか?
 

今回は、そんな紙袋の強度をあげる方法について説明していきます。

紙袋の素材による強度について

まずは紙袋の素材について簡単にご紹介いたします。

オリジナル紙袋製作で選べる3つの標準的なお素材

紙袋の素材には主に下記の3種類があります。
 

  1. 未晒しクラフト(茶色クラフト)
  2. 晒クラフト
  3. コート紙

未晒しクラフト(茶色クラフト):通常厚み120g/㎡


未晒しクラフト(茶色クラフト)は、漂泊を行っていないマット調の素材感あふれる紙です。
日本でも人気の某有名コーヒーチェーン店の紙袋にも使われています。
ナチュラルなイメージの商品を入れるのにぴったりの紙袋です。

晒クラフト:通常厚み120g/㎡


次に紹介する晒クラフトは、簡単に言いますと未晒しクラフトを漂白したもので、シンプルな紙質です。
ただシンプルなだけではなく、上品な雰囲気もあります。
清潔感もあり印刷も映えるので食料品、デパートやお土産屋さんなど様々な場所で使用されています。

コート紙:通常厚み157g/㎡


コート紙は、表面に塗料を塗った紙のことです。(画像は黒ベタ塗り印刷をした紙袋です。印刷をする前は白色です。)
高級感があり、一般的にアパレルや展示会で使用されることが多いですが、他にも様々な用途、場所で使用される人気の紙です。
コート紙は生地そのままだと破れやすいので、グロスPP加工か、マットPP加工をセットにして製作します。
コート紙のみでの製作は一般的には行っていません。

PP加工とは
PP加工とは紙に接着剤を塗り、透明のポリプロピレンフィルム(PP)を圧着させる工法のことを言います。PPを貼る事で印刷物の表面を保護する事ができ、耐湿性や耐久性、強度を上げることができます。PP加工には、「グロスPP加工」と「マットPP加工」の2種類がございます。
 
グロスPP加工:ツヤツヤとした光沢のあるタイプのPP加工のことです。
マットPP加工:ツヤ消しタイプです。グロスPPのようなつやつやとした光沢はありません。

丈夫な紙袋を作るにはどの素材を選べば良い?

通常の厚みで選んだ際には、一番丈夫な紙袋になる素材はコート紙です。
やはり厚みが厚いという事と、PP加工を施して製作するためコート紙に軍配があがります。
 
ちなみに余談ですが、もし同じ厚みで製作する場合どの素材が一番丈夫かというと……
ずばり「未晒しクラフト」です。
 
晒クラフトは未晒しクラフトを漂白したもので、未晒しクラフトよりも若干強度が劣ります。
そして、コート紙は生地単体だと破れやすいため、同じ厚みでPP加工なしの場合は、未晒しクラフトが一番丈夫なんです。
 
ただ通常コート紙はPP加工なしで製作することはありませんので、オリジナル製作で丈夫な紙袋を作りたいお客様は、迷わず「コート紙」をお選びください!
さらに丈夫に作りたい方は、紙の厚みをご指定いただくことも可能です。

紙袋の「厚み」を変え、さらに丈夫さを増すことも可能

これまで素材について紹介しましたが、素材の厚みを指定して更に丈夫に製作することが可能です!

注意点
厚みは海外製作では変えることができますが、国内制作の場合は基本的に変更できません。
また海外製作の場合は、納期が40日程度必要です。

ではそれぞれの素材で、どれくらいの厚みまでご用意しているかをお伝えします。
 
未晒しクラフト:200g/㎡
晒クラフト:200g/㎡
コート紙:300g/㎡
※すべて海外製作の場合
 
上記の通り、コート紙が300g/㎡までとダントツで厚く製作が可能です。
もし「とにかく丈夫な素材で作りたいんです!」という方には、コート紙の300g/㎡での製作をお勧めします。

紙袋製作において丈夫なハンドルは?

続いて紙袋の丈夫なハンドルについてご紹介いたします。
ハンドルとは、紙袋の持ち手のことです。
 
紙袋のハンドルにはいろんなものがありますよね?
紙でできた紐であったり、アクリルの丸紐(スピンドル紐)や平紐(アクリル平紐・サテンリボン等)様々あります。

丈夫で便利なハッピータック

実はまだここに上げていないハンドルで、1番丈夫なハンドルがあります。
それは「ハッピータック」です。

ハッピータックの紙袋
※国内工場のハッピータックサンプル

こちらがどのようなハンドルかと言いますと、一言でいえばプラスチックでできたハンドルです。
 
紐やリボンであれば重量に耐えられず千切れてしまうこともあるかもしれません。
ですがハッピータックはプラスチックでできているため、切れることは滅多にありません。
 
また強度が高いだけでなく便利な点もあります。
ハッピータックは紙袋の内側部分タックにより、袋の開口部をパチッと閉じることができます。
中身を雨風から保護したり、開口部が広がらないようにできるので便利です。

紙袋の内側で閉じることができます

上記の理由から、ハンドルを丈夫に紙袋を製作したい方にお勧めしたいハンドルは、「ハッピータック」です!

その他のハンドルでも、工夫すれば丈夫にできる

ハッピータックのことについて触れましたが、それ以外の紐でも丈夫にする方法はあります。
 
例えばスピンドル紐であれば幅を数種類ご用意しております。
中に入れる重さに合わせて、紐の幅を選んでいただくことも可能です。
その他の紐に関しても数種類幅をご用意しているものがあるので、もし不安な方はぜひお声がけくださいませ。

丈夫な紙袋制作のまとめ

今回は丈夫な紙袋の製作をご希望の方に参考になれば、と思い記事を製作しました。
いかがでしたでしょうか?
 
素材は用途と強度のご希望に合わせて3種類あります。
通常の厚みはありますが、厚みを変更して製作をすることができます(海外製作のみ)。
さらにハンドルにもこだわって製作すると、非常に丈夫な紙袋を製作することが可能です。
 
ただ厚みに関しては、実物を触ってみないと解りづらいかと思いますので、もし在庫があれば無料で実績等のサンプルをお送りします。
是非レレカスタッフまでお気軽にお声がけくださいませ。
 
皆さまからのご相談、ご依頼を心よりお待ち申し上げます。


LINEで送る
Pocket

おすすめ関連記事

オーダーガイド

紙質を選ぶ サイズを選ぶ 印刷方法を選ぶ ハンドルを選ぶ オプションを選ぶ 参考価格例 お見積もりフォーム

サービス一覧

フルオーダー紙袋 規格サイズ紙袋 OFJ紙袋 ワンポイント紙袋 ワンポイントエコクラフト紙袋

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ デザイン入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー サンプル請求 紙袋コラム 製作事例集

他商材リスト

販促ノベルティ印刷のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画製作