オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
紙袋売り上げNo.1
レレカの電話番号は0120828117

紙袋コラム記事

紙袋印刷ブログ

【はじめての文字のアウトライン】Illustratorのデータ入稿で文字のアウトライン化をする方法と意味

【はじめに】もう困らない!「文字のアウトライン化」

「イラストレーターのデータがアウトライン化がされていないので、再入稿お願いいたします」

印刷物のデータを印刷会社へ入稿したときに、このようにいわれた経験がある方も多いのではないでしょうか。
文字がアウトライン化がされていないと、印刷会社でデータを開いたときに別のフォントに置き換わってしまう可能性があります。


今回は、文字のアウトライン化のやり方や、その理由について解説します。

 

【ご注意】
Illustrator CC向けに記事を書いています。それ以前のバージョンの方は、操作方法が異なる可能性があります。

 

【方法】文字のアウトライン化(全ての文字をアウトライン化したい場合)

0.テキスト入力モードを終了する

文字のタイピングが終わったら、下記のいずれかの方法でテキスト入力モードを解除します。
※終了をしていないと、文字のアウトライン化ができません。

 

A. [Esc]キーを押す
B. [Ctrl]+[Enter]を押す / Macの場合: ⌘+Enter
C. 左側のツールバー*1 から、[選択ツール]*2 を選ぶ。

 

*1 ツールバーは初期設定では左側にあります。

 

*2 黒い矢印が[選択ツール]です。
※白い矢印は[ダイレクト選択ツール]と言い、ここでは使用しません。

 

1.アウトライン化したい文字を含むすべてのオブジェクトを選択

メニューバー>選択>すべてを選択

※メニューバーとは、上部の「ファイル 編集 オブジェクト 書式……」と続いている箇所のことです。

すべて選択されました!!

※文字以外も選択されますが、文字のアウトライン化は、文字だけアウトライン化され、ほかには影響がありませんので、ご安心ください!

 

2.アウトライン化を行う

メニューバー>書式>アウトラインを作成

ワンポイント
文字のアウトラインをした後では、文字の編集(追記や書き換えなど)ができません!

【方法】文字のアウトライン化(一部の文字をアウトライン化したい場合)

1.[選択ツール] を選ぶ

黒い矢印が[選択ツール]です。まずは、こちらをクリックします。

 

2.アウトライン化したい文字を選択

選択ツール(黒い矢印)で、アウトライン化したい文字をクリック

 

3.アウトライン化を行う

メニューバー>書式>アウトラインを作成

【方法】ショートカットキーで全ての文字のアウトライン化をする方法

文字のアウトライン化のショートカットキーを掲載します。

▼ Windows の場合

手順 操作内容 ショートカットキー
STEP 1 全選択 Ctrl+A
STEP 2 文字のアウトライン化 Ctrl+Shift+O

※CtrlキーとShiftキーをどちらも押している状態で、アルファベットの「O」(オー)を最後に押します。
※「O」は「Outline」(アウトライン)の頭文字なので、覚えやすいですね!

▼ Mac の場合

手順 操作内容 ショートカットキー
STEP 1 全選択 ⌘+A
STEP 2 文字のアウトライン化 ⌘+Shift+O

ショートカットの魅力

ショートカットキーの操作は、最初は、どれどれ…という感じですが、何回もやっていると慣れます。そして、“速い”のです。

ぜひ、Illustrator初心者の方もショートカットキーの操作に挑戦してみてください!

【意味】文字をアウトライン化する意味とは?

文字のアウトライン化は、テキストデータ(文字情報)をベクターデータ(数式で出来た図形)に変えることです。

アウト(外側の)ライン(線)を取って“図形”に変えてしまうなんて、クッキーの抜き型みたいですね!

【理由】なぜ文字をアウトライン化をするのか?

文字のアウトライン化をしていないと、こんな問題が起きる?

カスタマイズなどにより、パソコンごとに記憶しているフォントは異なります。
そのうえで、例えばAさんのパソコンには入っているフォントが、Bさんのパソコンには入っていないとします。
その状態でBさんがAさんのIllustratorのデータを開くと別のフォントに置き換えられてしまうのです。

こんな事態を解消するために、「文字」を「図形」に変えておくのです。
文字情報を図形にすることで、フォントが変わってしまうことを防ぎます。

 

データを受け取った人が同じフォントを持っている場合はよいのですが、フォントは世界に何万種類と存在し、今もなお増え続けているので、それぞれのパソコンが網羅しているということはなかなかないでしょう。


さて、一度整理してみましょう。
文字のアウトライン化を行う前後で比較すると、次のようになります。

▼アウトライン化前 ▼アウトライン化後
性質: 文字 図形
文字の編集(タイピング): できる できない
送付先で開いた場合: フォントが変更されるかも フォントは変更されない

アウトライン後に文字を変える方法があることにはあるのですが、ここではわかりやすくするために、それらは一旦例外としています。

【確認方法】文字のアウトライン化ができているのかを確認する方法

「文字のアウトライン化」を知ったばかりでは、本当にこれでアウトライン化ができているのかどうかがわからないですよね?

 

でも、大丈夫です!!
ちゃんと文字がアウトライン化されているかどうかを知る手段があります。確認方法は何通りもありますが、今回は比較的簡単に調べられる2パターンを紹介します。

Aパターン: [すべてのテキストオブジェクト] を選択する方法

メニューバー>選択>オブジェクト>すべてのテキストオブジェクト

 

この動作をして選択されたものがあれば、それはアウトライン化がされていないということになります。

Bパターン: [フォント検索] で確認する方法

1.メニューバー>書式>フォント検索

2.ドキュメントフォント:(0) かどうかを確認します。

ドキュメントフォントに何も表示されていなければ、データ内の全ての文字がアウトライン化されています!

 

ちなみに、1カ所でもアウトラインのされていない文字があった場合は次のように表示されます。

【ご注意】アウトライン化をする前にデータは保存しましたか?

文字をアウトライン化したあとは、データを別名で保存しましょう!

アウトライン化したあとのデータでは、文字の編集(タイピング)ができません。


入稿する際には、“文字にアウトラインがかかっていること”が大事なのですが、逆に修正などで文字を編集しないといけない機会もたくさんあるかと思います。

ですので、アウトライン化したあとのデータを上書き保存してまっては、文字の修正が必要な際に困ってしまうかもしれません…。

 

そのため、アウトライン化したあとのデータは別名で保存し、保管しましょう!
デザイナーの方はファイル名の最後を「_OL」(outlineの略)にして、アウトライン化する前のデータと区別をしているようです。

例えば--。

【ファイル名の例】▼文字のアウトライン化前のファイル名
株式会社ABC_LOGOマーク.ai▼文字のアウトライン化後のファイル名
株式会社ABC_LOGOマーク_OL.ai

【備考】
文字を編集する際はアウトライン前のデータを使います。
その編集が終わったら再度、アウトライン前のデータとして保存し、アウトライン後のデータを別名で保存します。つまり、常に2種類を保管します。

※2種類を保管し、印刷会社へはアウトライン化したあとのものを入稿用データとして送ります。

※印刷会社によって、入稿時に必要なファイルは異なります。必ず入稿ガイドなどを確認しましょう。

 

さて、ここまで文字のアウトライン化についてお話しをしてきました。
やはり、印刷やデザインの業界ならではのことなので、慣れていなければ分かりづらいかもしれません。
でも、ご安心ください!
レレカのオリジナル紙袋を検討されている方には、そういった相談にいつでも対応できるように専門のオペレーターが在籍しております。
困ったときは、お電話、またはお問合せフォームよりご連絡ください。
紙袋印刷・オリジナルの手提げ袋製作ならオリジナル紙袋WEB レレカ