オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
紙袋売り上げNo.1
レレカの電話番号は0120828117

紙袋コラム記事

紙袋印刷ブログ

紙袋のデザインのアイデア集 ~自分はデザイナーではありません!~

紙袋のデザインのアイデア集 ~自分はデザイナーではありません!~

突然のムチャぶり

「ねえ、ちょっといい?」
「はい、何でしょう?」
「次の展示会で、サンプル品の配布用に紙袋が必要なんだけど、作ってくれない?」
「えっ?」
「時間も予算もないから、社内でどうにかするしかないの。適当でいいから」
「アッアッアッ」
「じゃ、お願いね。明後日までに」
「アアア──」

 

時間がない。

予算もない。だからデザイナーは雇えない。

自分は少しだけIllustratorが触れるものの、デザイナーではない。なので、技術はない……そして、アイデアもない……。

 

でも、紙袋の印刷データを入稿しなければならない!

 

そんな事態に陥ってしまったらどうしますか?

 

うるせー! やってられっか──!

 

と、社内で暴れまわるのもよいですが、そんなことをしたら評価が下がってしまいます。
ですので、暴れまわるのを我慢して、上司の指示の通り何とかして紙袋を作るしかありません。

 

そんなあなたのために!
最小限の労力でそれっぽく見せるデザインのアイデア集を作成しました!

それでは、準備はいいですか?

Illustratorを使ってロゴデータを開いてみてください。

目次

とりあえず、真ん中に

とりあえず、ロゴを紙袋の中央に置いてみましょう。
「もう一切余計な労力は使いたくない……」という方はこれでOKです。

 

上司がごちゃごちゃうるさかったら、紙袋のマチをロゴと同じ色でベタ塗りにしましょう。
少しデザイン性が高くなったと思いませんか?

大きめのロゴを配置したければ、中央か、少し上くらいにするのがいいと思います。
この配置で小さいものだと、インパクトにかけてしまいます。

 

逆に、主張は控えめにしたい場合は、ロゴのサイズを小さくして上の方か下の方に配置されるとよいでしょう。

 

下配置であれば右下、左下でもOKです。

 

右上、左上はバランスが悪くなるので、あまりおすすめしません。

とりあえず囲む

とりあえずロゴを四角で囲んでみましょう。囲みの線は文字よりも細い方がよいでしょう。
ロゴの太さと囲みの線が同じ太さ、あるいは線の方が太いと、ロゴが目立たなくなります。

ちょっとだけこりたい方は2重にしてみてもいいと思います。

さらに、それぞれの線の太さを変えるとデザインにメリハリが出ます。
筆記体と特に相性ばっちりです。

上品なロゴの場合は、こんな枠はいかがでしょうか?
凝った感じが出ます。

枠の外側の角を丸くしただけなのですが、手が込んでいるように見えます。

 

そのほかのバリエーションもご紹介いたします。

 

①枠線を破線に


ポップなイメージです。

ドットの大きさと間隔を変えることで印象も変わります。
ドットが大きいとポップな印象になりますし、ドットが小さいとスタイリッシュな感じになります。

 

②囲まない

発展形です。
カギカッコを変形させたようなイメージ。
線を細くすると、スマートでかっこよく見えます。

 

③隙間を空ける


うまく形容できないのですが、なんだかおしゃれです。

色に頼る

背景に色を加えましょう。
配色次第では、十分すてきな紙袋になりますよ。

 


黄色と黒は人気の組み合わせです。

 


黒と紫はミステリアスな雰囲気!

 


赤とグレーも相性のよい組み合わせです。

 


こちらも定番の組み合わせ。
紙の地の色が白い場合は、それを生かして、赤1色の印刷で対応可能です。
つまり2色で印刷するより安く仕上げられちゃいます。

 


青のべたが目を引きますね。ちょっとドラ〇もんっぽい。
こちらも紙の地の色が白い場合は、1色印刷で対応可能。

 


黄色と青の組み合わせはカジュアルな印象。

 

会社のカラー、方向性にあった配色を選びましょう。
参考に、ほかの色の組み合わせもご紹介します。
気に入った色の組み合わせがあれば、ぜひ使ってみてくださいね。

縦にしてみる

世の中、ロゴというものは横長のものが圧倒的に多い印象。
さて、これを90度回転させて縦にしてみましょう。

そして、これを紙袋の高さいっぱいに拡大して紙袋の右端か左端に配置します。

こういうの見たことある…! と思いませんか?
おしゃれなうえに主張も強くなります。

まとめ

「え、こんなのでいいの…? このアドバイス、最低限っていうか最低にも届いていないのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、予算も時間もないときに、奇をてらったものを作ってはいけません。

紙袋を見た人が「バランス悪っ!」とか「うわ、配色のセンス…」とか思われなければ十分。

 

本当は、印刷用のデータはプロに頼むのが一番です。
ですが、それができないのであれば「変に見えないものを作る」ことができれば合格点。

 

また、最後に多くのロゴには著作権があります。
回転、色の変更を禁止されていたり、なかには決められた余白(マージン)を残す必要があったりします。
そこは、きちんと確認しておく必要がありますのでご注意ください。

また、ここまでお話しをしてきましたが…やっぱりデザインについて相談したいという場合は、レレカまでご相談ください。

専門のオペレーターがしっかりサポートします!

紙袋印刷・オリジナルの手提げ袋製作ならオリジナル紙袋WEB レレカ