オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

紙袋コラム記事

紙袋印刷ブログ

特色って何だろう?

特色って何だろう?

「特色の指定?」って言われても…

突然ですが、皆さまに質問です。
 
紙袋を注文するにあたって「特色の指定」ってできますか?
 
できる方は問題ありません。
でもなかには、「特色?なにそれ?」と思われた方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
今回はその「特色」について、レレカのDTPデザイナーが解説していきたいと思います!

目次

特色とは?


印刷には「4色フルカラー印刷」というものがあります。
「4色フルカラー印刷」はCMYKの4版で表現される印刷のことです。
印刷されたものがフルカラーで表現されている印刷のことです(そのまんまですが……)。
 
これに対して、「特色印刷」というものがあります。
こちらは「特別に調合したインキでの印刷」ということになります。
どういうことなのか、4色フルカラー印刷と比較してみましょう。
 
一般的に、4色フルカラー印刷は4色のインクのかけ合わせで印刷されています。

 
一方で特色印刷には、色見本にあわせて先にインクを調合してしまいます。

フルカラー印刷はインク4色でさまざまな色が表現できるのに対して、特色印刷は調合した色でしか印刷ができません。(特色で濃度0%~100%の調整はできます。)
 
「えっじゃあ印刷するときは、いろんな色が表現できるフルカラー印刷にしておけばいいんじゃない?」
と思われるかもしれません。
しかし、フルカラー印刷はどんな色でも表現できるわけではありませんし、デメリットもあります。
 
まず、フルカラー印刷は、金や銀などのメタリックカラーや蛍光色が印刷できません。
キラキラした粒子の入ったメタリックカラーや蛍光色での印刷には、専用のインクを使用する必要があります。
(ただし、蛍光色やメタリックカラーは商材によって対応できなかったり、仕上がりが分かりづらくなるものもございます)
 

加えてフルカラー印刷は「色の仕上がりが特色に比べて安定しにくい」という点があります。
これは4色のインクが場所によって違った濃度で重なり合って仕上がるため、同じ色でも印刷の刷りはじめ、真ん中、最後の方で多少色のばらつきが出てしまう可能性があるためです。
一方で特色印刷は先にインクを調合してしまうので、特殊な色でも用意しやすく、色ブレも少ないという性質があります。
 

以下に4色フルカラー印刷と、特色印刷のメリットデメリットをまとめました。

特色印刷 4色フルカラー印刷
メリット
  • インクを先に調色するため仕上がりが安定する
  • 濃度100%で印刷すれば網点がでないため仕上がりがきれい
  • コーポレートカラーなどの規格が決まった色を正確に表現できる
  • 蛍光色やメタリックカラーがある(商材によって使用できない場合がある)
  • 一度の印刷で何通りもの色が表現できる。フルカラーの表現も可
  • 画像や写真などを綺麗に表現できる
デメリット
  • 一度の印刷で表現できる色数は4色まで(印刷機によって多少変わる)
  • あまり色数が多いと印刷賃が高くなる
  • 色の仕上がりが特色印刷ほど安定しない(一回で印刷した印刷物でも多少色のぶれが発生する)
  • 蛍光色やメタリックカラーは表現できない

上記のことから、表現したい色の数が少ないときは特色の方が綺麗に仕上がりますし、表現したい色の数が多いとき、特にカラフルな画像やイラスト(特に写真など)を使用したデザインの印刷は、4色フルカラー印刷が適していると言えます。
 
印刷の料金に関しては、部数や納期、特色で印刷したい色の数によっても変わってきますので、一概に特色印刷と4色フルカラー印刷のどちらが高いとは言えません。
正確な価格を知りたい方はレレカのオペレーターまでお気軽にお問い合わせください。
 
レレカでは1~2色の印刷なら特色印刷をお勧めすることが多いです。
ある程度ご注文の仕様がお決まりの方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

どうやって特色の指定をすればいいの?


特色の指定の方法についてご説明します。

色見本帳がある場合

色見本帳をお持ちであれば、色見本の中から印刷したい色を選んで、カラーチップを送っていただくのがベストです。
 

レレカで対応している色見本
  • DIC 1~6巻
  • DIC 伝統色シリーズ(日本、中国、フランス)
  • PANTONE Solid Chips Coated & Uncoated(※新色は対応できない場合がございます)

DIC、PANTONEのどちらについても、蛍光色や光沢のある色ような特殊な色(メタリックカラー)については、対応できない場合がございますのでご注意くださいませ。
上記以外の色見本や、以前印刷した現物の見本にあわせて印刷したい場合は、一度スタッフまでお問い合わせください。
 
弊社にカラーチップがなくても、お客様から何らかのお色の見本をご提供いただける場合は、対応が可能な場合が多いです。
ただし、以下のお見本はご提出いただいてもご対応が難しい場合がございます。見本はあくまで努力目標となるとお考え下さい。

ご対応が難しい場合がある色見本
  • メタリックカラーや蛍光色といった特殊なお色
  • プリンタでプリントアウトしたもの
  • 素材が違うものへの印刷物

色見本帳がない場合

もしカラーチップをお持ちでなくても、印刷したい色の番号が分かっている場合は、その番号をお知らせいただければ問題ございません。
ロゴを印刷する場合は、コーポレートカラーが決まっていることが多いので、コーポレートカラーをお知らせください。
 
ただし対応可能なのは、レレカか工場のどちらかにカラーチップがある場合に限ります。
また色見本の保存状態や版によって、レレカや工場にある色見本の色と、お客様のご希望の色に微細な差が出る場合がございます。
これについてはご了承いただかなくてはなりません。
 
因みにインターネット上でもDICやPANTONEの情報を見つけることはできますが、これには注意が必要です。
お使いののモニタによって、表示されている色の見え方に違いがあるからです。
そのため実際に手にとった際の色とも違って見えている可能性が非常に高いです。
 
ネット上(モニタ上)でだけの確認で特色を指定されると、思っていた色と違う色で仕上がった……という事態になりかねませんので、お勧めしておりません。
ネットだけで確認した特色で印刷の指定を出す場合は、モニタと同じ色にはならないことはご了承いただいた上で、色の指示をお出しください。

どうしても特色の指定ができない場合


「特色で印刷したいけど、色見本がない!」
「納期はないし、色見本は高いし、今すぐ色の指定を出すなんて無理!!」
というお客様もいらっしゃると思います。
もしくは「コーポレートカラーは決まっているけど、CMYK(4色フルカラー)での設定しかない」というお客様もいらっしゃいます。
 
その場合は、いただいているデータのCMYK値やRGB値を参考に、レレカのDTPスタッフが印刷色を選ぶことになります。
ただし、データの色の設定によって、かなり近い特色が見つかることもあれば、そうではないものもあります。
 
特に、ご提出いただいたデータがRGBモードで、非常に明るい蛍光色のような色が設定されていると、お色選びが難しくなってしまいます。
その場合、特色のカラーチップをお送りいただいたり、特色の色番号で印刷色を指定いただくよりも、お客様のイメージと違った色になる確率が上がりやすくなります。
 
レレカに特色の選定をお申し付けいただく場合は、この点をご了承いただきますようお願いいたします。

まとめ


色の話って結構繊細ですよね。
ちょっとややこしいと感じられた方もいらっしゃるかもしれません。
 
印刷時のことを考えて、ロゴにはデザインを作成した段階でコーポレートカラー(会社や団体、組織を象徴する色)を決めておくと、よりスムーズかつ確実に印刷が可能になります。
CMYK、DIC、PANTONEの3つが設定されているといいと思います。
 
なぜ、DICとPANTONEの両方を決めておいた方がいいかというと、DICは日本国内での取り扱いが多い色見本、PANTONEは国外で取り扱いが多い見本だからです。
海外で制作する際に、DICの指定ができない場合、PANTONEに変更してもいいかどうか、いちいち確認する手間が省けます。
もちろん、コーポレートカラーを社内で共有できるようにしておくことも大事です。
 
また、ここでは4色フルカラーと特色の印刷を分けて説明しましたが、4色フルカラー+特色で印刷することもできます。
デザイン上重要な色を特色で印刷することによって、デザインが引き締まり、印象深い仕上がりになります。
そういった特別な仕様も承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。