紙袋印刷の実績紹介

洋服サロンさまのシンプルでカッコいいオリジナル紙袋

商材オリジナル紙袋
表面加工マットPP加工
素材コート紙
ハンドルアクリル平紐
サイズ高450幅320マチ110
印刷方法1色
オプションロゴ部分のみ浮き出し
実績No16369

 

本日は、宮城県仙台市でメンズ洋服サロンを運営されている会社さまからご依頼いただいた、オリジナルの紙袋をご紹介します。

 

今回ご依頼いただいたこちらの会社さまは、予約制、会員制を採用されているそうで、ゆったりとした空間で担当のコンシェルジュが、お客さまのお好みに合わせたスタイリングをご提案してくださるそうです。

 

お店の名前は、イタリア語で「白い空間の意」を意味されるそうで、紙袋にもこだわりを持ってご制作いただきましたので、早速ご紹介していきますね。

 

洋服サロンさまの落ち着いた雰囲気のオリジナルショッパー紙袋

 

こちらのオリジナルショッパー紙袋はコート紙をお選びいただき制作させていただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コート紙は上の写真の様に、ツヤや光沢が特徴の紙で、紙袋に良く使われている綺麗な紙になります。

今回はそのコート紙にマットPP加工という表面加工を施しました。

マットPP加工を施すことで、ツヤや光沢を抑えることができ、しっとりとしたさわり心地の落ち着いた雰囲気を出すことができます。

ゆったりとした空間で、洋服を購入することができる、今回の会社さまの雰囲気を表現するにはまさにぴったりな加工だと言えます。

 

061516_022844_PM

 

 

紙袋のデザインは、お店の「白い空間の意」をイメージさせる、白と黒のシンプルなデザインとなっています。

しかし、ただシンプルなだけではないのがこちらの紙袋で、実は一工夫されたこだわりがあるんです。

 

16369C

 

 

それが、こちらの「Lo Spazio Bianco」と印刷されたロゴ部分になります。

写真では少しわ分かりずらいのですが、じつはこのロゴ部分に浮き出し加工が施されているんです。

浮き出し加工はエンボス加工とも呼ばれており、凸状の型と凹状の型を用いて、紙の裏面を押し上げることで表面を浮かす加工になります。

シンプルなデザインとも相性が良く、立体感や高級感をだすことができる、この浮き出し加工を行うことで、今回ご依頼いただいた会社さまの、お店にぴったりな高級感を加えています。

 

16369D

 

 

また、ハンドル部分にはアクリル平紐をお選びいただきました。

アクリル平紐はサテンリボンのような形状・見た目をしており、カジュアル感を出すことができます。

また、アクリル平紐はサテンリボンのような派手さやがないので、今回の紙袋にはぴったりなハンドルと言えます。

 

16369A

 

今回ご紹介のオリジナルショッパー紙袋は、このように、お使いになられるお店さまにあった素材や加工で作られた、まさにご依頼いただいた会社さまにぴったりのオリジナルショッパー紙袋となりました。

レレカではまず、お客さまの用途やご要望をお伺いさせていただいた上で、各お客さまに合った制作のご案内をさせていただいておりますので、紙袋の制作をご検討の際はぜひ一度レレカにご相談下さい。

こちらの製作実績でお問い合わせ

以上の特徴を見ていただいて、参考にお見積もりしたい場合には以下よりお問い合わせください。
また、どういったオリジナルの紙袋を作りたいかお悩みの場合にもオペレーターがご提案させていただきます。

紙袋印刷の実績一覧へ戻る

オーダーガイド

紙質を選ぶ サイズを選ぶ 印刷方法を選ぶ ハンドルを選ぶ オプションを選ぶ 参考価格例 お見積もりフォーム

サービス一覧

フルオーダー紙袋 規格サイズ紙袋 OFJ紙袋 ワンポイント紙袋 ワンポイントエコクラフト紙袋

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ デザイン入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー サンプル請求 紙袋コラム 製作事例集 サイトマップ

他商材リスト

販促ノベルティ印刷のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画製作