オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

紙袋のハンドルを選ぶ

紙袋を印象を左右するハンドル選び

皆さんが街で見かけるほとんどは スピンドル紐か紙紐ではないでしょうか。
オリジナル紙袋WEBでは、用途に合わせて9種類の中から、お好きなハンドルを選んで頂くことが可能です。

こちらのページでは紙袋のハンドルごとの特徴についてご紹介いたします。
また、こちらの9種類以外のハンドルでもご対応可能な場合もございますのでオペレーターまでご相談ください。
ご希望に添えるように紙袋の対応工場に確認させていただきます。

ハンドルを変えるだけで、高級感やポップさなどのオリジナルさを演出することも可能です。
ハンドル部分は紙の種類や印刷方法と同様に、紙袋全体の印象を決める重要なポイントです。
どのハンドルを選んで良いかわからないという場合にはオペレーターがご相談にお答えします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

紙袋のハンドルの特徴

スピンドル紐

別名、アクリル丸紐とも呼ばれる紐です。
名前の通り、アクリル繊維を使った合成繊維で作られた紐で手触りが柔らかい素材です。色味が豊富で汎用性が高く、シーンを選ばない人気の高いハンドルです。素朴であたたかみのある印象を与えることができます。

比較的リーズナブルで、どの紙素材にも調和しますので悩まれた場合にはスピンドル紐がおすすめです。 柔らかい素材ですので持ちやすく、少々重たい商品などを入れても手が痛くなりません。アパレル店でもらう紙袋やポリショルダーバッグ、巾着袋などで使われているのをよく見かけるのではないでしょうか。

アクリル平紐

アクリル平紐についてもアクリル繊維を使った合成繊維で作られた紐です。
見た目の通り、平べったい紐でスピンドル紐に比べて存在感があるためシンプルながら趣のある紙袋に仕上がります。

よくアパレルショップなどで利用されており、少しカジュアル感を演出したい場合におすすめのハンドルです。ショルダーバックに最適な、奥行のあるハンドルです。スピンドル紐に比べて少しコストが高くなりますが、紐に存在感を出したい場合におすすめです。

パイレン

パイレンは別名、エクセルフィラメントやPP紐とも呼ばれています。
ポリプロピレンで作られた紐です。スピンドルに比べて光沢があり、ゴールドやシルバーなどの紐に最適です。

高級感のある紙袋に仕上がるため、アクセサリショップやジュエリーショップの紙袋で利用されています。コート紙で表面をマットPPした紙袋との相性がよく、この組み合わせで小さめの紙袋をオリジナルで作られる方が多くいらっしゃいます。

ツイストコード

別名エクセルツイストコードです。
素材に高級感があり、オリジナル紙袋を豪華に演出します。高級ブランド店の紙袋や結婚式場の引き出物袋などでもよく利用されています。コスト的には高くなりますが、高級感の演出にはとても効果的な紐です!

サテンリボン

アパレルや美容サロン、コスメショップなどで人気の紐です。
女性のお客様が多いショップ様の紙袋でよく利用されているのをご覧になられたことがあるのではないでしょうか。

さらさらとした手触りのリボンは、個性的でおしゃれです。また、サテンリボンでアレンジをされるお客様も多く紙袋の前面でリボン結びにしたり、結び目を穴に通さないで口折部分をスッキリさせたり。人とは違ったオリジナル紙袋を作りたい方にぴったりのハンドルです。

グログランテープ

固く密に織られており、横うねがあるのが特徴です。独特の質感を生むリボンです。
触りごごちの柔らかい幅広のハンドルです。持ちやすく、ショルダーバッグなどにも最適です。サテンリボンよりも、少し柔らかいイメージのオリジナル紙袋にしたい場合におすすめです。

紙紐

紙紐

雑貨店や食料品店などで多く使われる紙の紐です。
再生紙を使っているので自然にもやさしく、紙袋をナチュラルであたたかい雰囲気に仕上げます。

紙袋の素材は、紙紐の素材的にも本体に合わせたクラフト紙がおすすめです。コスト重視で選ばれる場合が多いです。

ハッピータック

ハッピータック

プラスチック製のハッピータックは、色数が豊富で、袋の口をとめることのできる優れものです。
しっかりと、紙袋の口折部分を固定していますので多少の重い資料くらいであれば外れる心配はありません。

ハッピータックはコート紙で光沢のあるグロスPP加工した紙袋との組み合わせが多く展示会や会社用の紙袋でパンフレットを入れるなどに用途で多く活用されています。他にも不動産や学校でもよく見かけるハンドルです。

手穴加工

手穴加工

手穴加工は、手提げ紐がなく、紙袋に持ち手となる穴が開いている形状です。
折り返し部分にボール紙が入っており、強度があります。持ち運びが簡単なのが特徴です。

ただ、手穴加工には少し注意点があり、紙袋の上部が持ち手になりますので通常の手提げ紐がない分、商品を入れた時に持ちづらくならないように余裕を持った紙袋の大きさにする必要があります。マチが広い場合にも、商品を入れた際に紙袋の上部に余裕を持たせて長めにするなどの注意が必要なハンドルとなります。