オリジナル紙袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

コート紙サテンリボン学校・オープンキャンパス浮き出し加工

美容学校様でご使用されますオリジナル紙袋

商材紙袋
枚数500枚
素材コート紙(マットPP加工)
ハンドルサテンリボン
サイズ高 260mm × 幅 320mm × マチ 110mm
印刷方法3色ベタ印刷
実績No24951

今回ご紹介するのは大阪にございます、美容スクールでご使用されるオリジナル紙袋です。
お電話で「こういった紙袋が作りたいが出来ますか?」とお問い合わせをいただきました。
お客様のイメージされているものや、こういった袋にしたらどうかなどご要望をお伺いしながらお話を進めていき、素材や仕様などご納得いただきましてご注文に至りました。
 
全ての講師が現役のラッシュアーティストということで、「プロの技術と知識」を学び、眉毛とまつ毛のプロフェッショナルを育成する講習を受けることが出来ます。
コースも色々あり未経験・知識0の方が受けられるコースや今よりもっとスキルアップされたい方に向けたコース、上級者向けのコース、オンラインサロンなど一人一人にあった講習が受けられます。
そんな企業様からご注文を頂いた紙袋をご紹介していきます。

実際に手にするとわかる浮き出し加工の良さ

浮き出し加工」をご存知でしょうか?
浮き出し加工は紙の両側から圧を掛けて、表面に凸凹を施す加工です。
ロゴや文字部分に浮き出し加工をすることで立体感を持たせ、触ってみるとぷくっと浮き出した表現が可能になります。
 
お問い合わせを頂いた紙袋は、睫毛の部分と唇の部分に浮き出し加工をしています。


唇は分かりやすいのでは無いでしょうか?
 
箔押しやエンボス加工のようにパッと見ただけでわかる加工とは違い、浮き出し加工は一見控えめに思えます。
ですが!!
実際に浮き出し加工がされた紙袋を手にして見てみると、ボコッと浮き出しているので立体的になっているので、印象が変わり一気に存在感が増します。
またコート紙にマット加工を施しているので、より高級感のある紙袋に、ハンドルはサテンリボンをお選びいただきました。
サテンリボンもサラサラとした手触りで光沢があるので、その素材の高級感を更に引き上げてくれるためより、全体的に上品な仕上がりになっています!

浮き出し加工をご希望されるお客様は浮き出しをする範囲によって金額が変わりますので、浮き出し加工をしたいデザイン範囲をお申し付け下さい。

ピンクの紙袋にしたい場合はピンクの”ベタ印刷”

紙袋は生地の色は白がベースです。
今回のようにピンクの紙袋のようにして制作されたい場合は、白の生地の上にピンクを全体に印刷します。
これを「ベタ印刷」といいます。
 
企業のコーポレートカラーがオレンジの場合は、オレンジのベタ印刷で表現されたりもされます。
紙袋の表面全体にインクを印刷する分、印刷料金は通常の部分印刷よりも価格はあがるのですが、それぞれのイメージやカラーに合わせた袋が出来ます♪
 
また工夫次第では較的安価にベタ塗りで制作することも出来ます。
例えば「コーポレートカラーがイエローなので生地の色はイエローにしたい」というお客様!
文字は「白抜き」で表現するのはいかがでしょうか?
 
白抜きとは画像のような、生地の白色を生かしてデザインを表現することです。

このようにすると、黄色の紙袋に白を1色印刷したみたいに表現することができるので、黄色ベタと黒といった2色ベタ印刷にするよりも1色ベタ印刷で単価を抑えて制作が出来ますよ♪
 
ベタ塗り印刷をうまく活用することで、色のイメージを見た人にしっかり伝えることが出来ます。
例えば黒系の袋だと落ち着いたかっこいい印象を受け、今回のようにピンクだと可愛らしい印象を受けます。
袋のデザインや全体の色はその袋のイメージを変えるだけではなく、その袋を使う人の気分も変えるものですよね!
「自分たちのオリジナルでいいものを作りたい!」そんな想いが感じられた、こだわりのあるオシャレな紙袋だったと思います。
 
こちらの紙袋をご覧になられて、「自分もオリジナルの紙袋を作ってみたい!」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!