オリジナル紙袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

コート紙マットPP

手穴タイプのオリジナル紙袋

商材オリジナル紙袋
表面加工マットPP加工
素材コート紙
ハンドル手穴タイプ
サイズ高225幅320マチ80
印刷方法1色ベタ塗り

本日は、紙袋では少し珍しい手穴タイプの事例をご紹介します。

今回のご依頼いただいた会社さまは、三重県でアクセサリーやライターなどを販売されていらっしゃるそうで、もお値打ち価格で購入することができるそうです。

海外有名ブランドの商品なども取り扱われており、ネットでの販売も行っているみたいなので、ご興味があるかたは一度覗いてみてはいかがでしょうか。

では早速ご紹介していきますね。

 

紙袋の仕様や特長について

こちらの紙袋は、紙袋の素材として多く使われているコート紙をお選びいただき、表面の加工としてマットPP加工をほどこしました。

マットPP加工は、その名のとおりマット感を出すPPフィルムを貼りつける加工のことで、ツヤを消すことができます。

表面加工は、マットPP加工にもグロスPP加工やホログラムPP加工、ニス塗りなど用途やご希望に合わせてお選びいただくことができます。

次に印刷は、黒の1色ベタ塗りで表面とマチにロゴ印刷おこないました。

15865C

 

シンプルなデザインを黒のべた塗りで印刷したことと、マットPP加工のマット感が非常に大人カッコいい雰囲気をかもちだしています。

最後に、この紙袋の最大の特長であるハンドル部分は

15865E15865D

 

このように小判型に紙を抜き 、持ち手を作る手穴加工をお選びいただきました。
紙袋の手穴加工は少し珍しいのですが、ハンドルは折り返した部分に厚手のボール紙を貼りつけているので強度も強く、またデザインとうまく組み合わせて抜き加工を行うことで表現性も広がります。
レレカでは、お客さまの価格や納期、仕様などのご要望をしっかりお伺いして最適なご提案を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。