オリジナル紙袋印刷・手提げ袋の印刷ならオリジナル紙袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

オリジナル紙袋の制作実績

東京で飲食店を展開されている企業様オリジナル紙袋

商材紙袋
表面加工ニス引き
枚数4000枚
素材晒クラフト紙
ハンドル紙三本
印刷方法1色印刷
オプション手提げボール・底ボール

紙袋の制作内容やご依頼の経緯

今回は、新店オープンに向けてご準備いただきましたオリジナル紙袋を紹介します。開店日に備えてオリジナル紙袋を用意したいという依頼をいただきました。

お昼のランチタイムには、「生産者から届く新鮮な食材でシンプルに仕立てた選べるお惣菜のレストラン」として、夜のディナータイムには、「食にまつわる学び催しものを定期的に開催するキッチンスペース」として運営されております。

農家さんや、畜産農家さんや漁師さんから美味しい食材を取り寄せておられたり、調味料は手作りの安心なものを用いておられたり、こだわりが詰まったお店です。

2サイズ(2色パターン)で制作しました!

今回2サイズで2色のオリジナル紙袋を制作させていただきました!

Mサイズ:高さ320mm×幅220mm×奥行65mm

SMサイズ:高さ265mm×幅320×奥行110mm

紙袋の色と、紐の色とがペアで、とても可愛らしい紙袋が仕上がりました。紐の色が、オリーブ・アイボリーといった優しい色なので、店の雰囲気とマッチしているかと思います!

img_5429

底ボールと手提げボール(別名:口ボール)をオプションでつけさせていただきております。

底ボールとは、紙袋の底に入れる厚紙のことをいいます。

手提げボール(別名:口ボール)とは、手提げ袋の折り込み部分に入れる厚紙のことを言います。

どちらも紙袋の強度が強くなるのですが、少々重いものを入れるために使いたいと考えておられる方は、こちらのオプションをご検討くださいませ!

どちらのサイズも1色印刷です!

特色を用いて印刷いたしました。特色については→こちら

【もうひとつのdaidokoro】と印刷されていますが、お母さんの代わりとなって美味しいごはんを提供してくれるお店です。“実家を離れて暮らしていると、お母さんのごはんが恋しい。”そんな時にぜひ行ってみてほしいお店です!関西への出店も期待して待ちたいですね☆

こちらのお店のホームページやフェイスブック、インスタグラムもございましたので、ぜひ見てみてください!

素材は晒クラフト紙

素材は晒クラフト紙(別名:茶色クラフト紙)を用いています。紙自体のにおいがして、いいにおいに感じます。

また、表面加工にニス引きをしています。ニス引きとは、印刷面の保護、ツヤ出しの目的で行う表面加工の一種です。印刷面の保護といいますと、摩擦による色落ち防止です。ニス引きは、インクの色移りを最小減に抑える役割があります。

オリジナル紙袋制作を考えておられる方、オプションがたくさんありすぎて分からない!とお困りの方も、担当のオペレーターが丁寧に伺いますので、ぜひご相談ください。

お気軽にお問合せをお待ちしております。