アクリル平紐の特徴

アクリル平紐とは

アクリル平紐写真

アクリル平紐はアクリル繊維を使った合成繊維で、羊毛に似た柔らかい素材です。手触りとしては綿の感触に似ています。平たい紐になるので「アクリルテープ」という名称で呼ばれることもあります。
そこで人気の紐の特徴とおすすめポイントをご紹介させていただきます!

太さを選んでいただくことができ、20mmが紙袋を作成される際に一番人気の太さです。
大きな紙袋だと25mmや30mmも選んでいただくことができます。
ただ、太くなればなるほど紐にシワができやすくなるので注意が必要です。

アクリル平紐を選ぶメリット

アクリル平紐を選ぶメリットをご案内いたします。

  1. 色展開が多く、海外生産なら染色も可能!
  2. 紐が太いので存在感があり紙袋全体に高級感があります
  3. どんな紙袋の素材にも合う!コート紙・晒クラフト・茶色クラフトどれでも相性バッチリ!

色味や太さの融通が効きやすく、紙袋全体を高級感のある仕上がりにします。また、丈夫な紐なので重たいものを入れる際も安心感がありますね。
少し個性的な袋を作りたいがサテンリボンだと可愛らしすぎる・・・そんなときにおすすめです。

アクリル平紐のデメリット

紙袋を作る際のアクリル平紐のデメリットは

  1. 高級な紐なのでお値段が単価あたり10円〜30円上がる(スピンドル紐比較)

という点です。
紐のお値段自体が高いのでスピンドル紐を想定していると、予算的に合わなくなってしまうことがあります。
RERECAでは極力お客様のご希望予算に添えるよう提案しておりますが、どうしても素材原価が高いものはご協力仕切れない場合もあります。

おしゃれ感抜群!アクリル平紐の需要と活用例

アクリル平紐の魅力は紐自体に存在感があるので、持ち手を変えるとおしゃれに見えること。
会社用の紙袋から店舗用のショッパーまで需要は多種多様。
会社様でサテンリボンやツイストコードは会社のイメージに合わないけれど、個性的な紙袋を作りたいという需要にもマッチします。

また、大きな展示会用の紙袋を作る際に(幅が600位ある本当に大きな紙袋でした!!)スピンドル紐では少し見た目的に強度が心配だったり、肩に食いこんで痛いのでは?
と心配されるお客様にもおすすめさせていただきました。

紐を選ぶ際はお客様によって、使用するシチュエーションが異なるので、状況にあった紐を提案させていただいておりますよ。
悩んだ際はRERECAオペレーターにご相談くださいね。あなたからのお問い合わせを楽しみにお待ちしております!!


他の素材についてはこちら

スピンドル紐の特徴 パイレンの特徴

オーダーガイド

紙質を選ぶ サイズを選ぶ 印刷方法を選ぶ ハンドルを選ぶ オプションを選ぶ 参考価格例 実績一覧 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他