コート紙の特徴

さぁ、オリジナルで紙袋を作ろう!そう思い立った時にまず出てくる疑問は「紙袋の素材は何を選べばいいだろう?」という疑問ではございませんか? 弊社では、「コート紙」「晒クラフト紙」「未晒クラフト紙」を主に扱っており、コート紙がオリジナルの紙袋を製作する場合には一番人気の素材です。

このページでは、「コート紙」のの魅力や特徴についてについてご紹介させていただきます。

コート紙とは

コート紙写真

コート紙は主に、カレンダーやポスター、パンフレットなどの商業用印刷物によく使われています。 コート紙は、その名の通り紙の表面をコーティングしている紙のことを言います。別名「塗工紙」とも呼ばれています。
逆に塗工紙ではない紙を非塗工紙と言います。非塗工紙は紙の表面にコート剤がコーティングされていません。一般的に、上質紙や中質紙、下質紙を指します。

コート紙には他にも種類があり、マットコート紙、アート紙、キャストコート紙、ミラーコート紙などがあります。 どれも上質紙や中質紙をコート剤で表面をコーディングしているのですがコート剤の量や加工方法によって紙の質感を変えたものになります。

コート紙はツルツルとした光沢があり、コート剤によりコーディングされているため紙がインクを吸収するのを防ぎ、インク本来の色を出すことが可能となっています。 そのためコート紙は印刷が綺麗に出ることで知られており、フルカラーデザインや写真の印刷が綺麗にできます。
高い印刷品質・複雑なデザインのお客様はコート紙がおすすめです。

PP加工について

紙袋は製造工程でコート紙にデザインを印刷をした後、表面を更にPP加工をすることでマットな質感のものやツルツルした質感にしています。
コート紙で紙袋を作る場合には必ずと言っていいほど、PP加工が施されています。

どうしてPP加工が必要なのか。それは3つ理由があります。

  1. 紙袋は折りたたんだ状態でダンボールに入れて輸送されます。
    その輸送時の振動で紙袋同士が擦れ合って色移りがおこります。
  2. 雨が降った際に紙袋が濡れてしまった場合に、紙袋の印刷色が服などについてしまうこと。
  3. 指紋や傷が目立ちやすい

以上がPP加工をしていない場合に生じる問題です。
濃色などを多用するとインク剥がれが起こりやすくなるため、印刷面保護の目的でPP加工を用いるケースが多いようです。

また、PP加工は、圧着するPPフィルムによってさまざまな種類が存在しています。
ホログラムPPやエンボスPPなどの特殊なPPフィルムもあります。

多くの印刷会社で広く扱われているのは「グロスPP加工」「マットPP加工」の2種類です。

マットPP加工

グロスPP加工

ツルツルな質感の紙袋にしたい場合には、「グロスPP加工」。マットで落ち着いた質感の紙袋にしたい場合には「マットPP加工」をお選びください。

コート紙のメリット

コート紙の特徴の箇所でもご紹介をさせていただきましたがコート紙が他の紙と比べて優れているところが3つございます!

  1. 用紙が厚く、光沢があるため紙袋に高級感を出せます。
    ブライダル用紙袋や会社説明会などの紙袋はコート紙が多く、高級感のある仕上がりの紙袋になります。
  2. コート紙は印刷に適していますので色の表現がはっきりしており、写真や彩度の高いフルカラー印刷が綺麗に仕上がります。
    イラストや写真などのフルカラー印刷の紙袋をご希望の場合にはコート紙で決まりです。
  3. PP加工をお選びいただくことにより、ポップさや落ち着いた紙袋に仕上がります。
    こちらも紙袋に高級感を演出できますので、コート紙を選ぶメリットですね。

高級感があり、フルカラーも印刷の紙袋を希望の方はコート紙で決まりですね!

コート紙のデメリット

コート紙のデメリット、、、あまり出てきませんでしたが・・
強いて言えば下記2つご紹介させていただきます!

  1. 素材自体に光沢があるためナチュラルな風合いを表現することが難しい!
  2. 晒クラフト・未晒しクラフトと比べお値段が高め!

高級感のある仕様な分コストには他の紙よりも高くなりがちです。
もし、コスト面心配でしたら弊社オペレーターにご相談くださいませ。

様々な場面で大活躍!コート紙の需要と活用例

不動の一番人気のコート紙の活用例は多種多様!

その理由は持ち手次第で可愛くもでき、きっちり感を出すこともできるからでしょう。

店舗様で人気が紙袋の組み合わせは

コート紙 + スピンドル紐・サテンリボン・パイレン・アクリル平紐・ツイストコード」等の紐の組み合わせです。

デザインと紐の組み合わせ次第で可愛い・かっこいいショッパーを作ることができ、お店の個性を発揮していただけます。

会社様で人気が紙袋の組み合わせは

コート紙 + スピンドル紐・ハッピータック」の組み合わせ。
ハッピータックは特にきっちり感を演出できたり、紙袋の上の箇所を閉めることができるので会社様や行政様に人気が高いです。
よく展示会や学校説明会などで見かけるプラスチックの持ち手で袋の口部分を止めることができるのがハッピータックです。

PP加工の組み合わせは

また、ハンドル以外の組み合わせでマットPP加工と箔押し印刷の組み合わせがあります。 シンプルですが高級感のある紙袋に仕上がるため、アパレルショップ様などで人気です。

弊社では、この組み合わせの紙袋を安くご提供するためにマットPP加工の白色と黒色の紙袋を既製サイズでご用意しております。
こちらの紙袋にロゴや社名を箔押ししていただけます。

マットPP加工+箔押し印刷ならワンポイントバッグがおすすめ!

例外として「コート紙 + 紙紐」はあまりさせていただくことがありません。
紙紐自体のナチュラルな印象にコート紙が合わず少し違和感が出てしまうからです。

印刷適性が高く、丈夫で高級感を演出できるコート紙

コート紙の製造方法からメリット、オススメの組み合わせをご紹介いたしました。
最後にこれから紙袋を作りたいとお考えのお客様のために、コート紙を選ぶためのポイントをまとめますね。

  • 綺麗なフルカラー印刷をしたい
  • 少し重い資料や商品を紙袋に入れたい
  • ポップな紙袋を作りたい(グロスPP加工)
  • 落ち着いた高級感のある紙袋を作りたい(マットPP加工)

以上に当てはまる場合には、コート紙で紙袋の素材は決まりと言っていいでしょう。
コート紙はフルカラー印刷などの発色がよく、PP加工によって印刷の質感を変えるなどオリジナル性の高い紙素材です。 そのため、弊社では紙袋の素材の中で一番人気があります。
他の素材に比べて、少しコスト面では高くなりますがそれだけオリジナルでインパクトのある紙袋に仕上がります。


他の素材についてはこちら

晒クラフト紙の特徴 未晒クラフト紙の特徴

オーダーガイド

紙質を選ぶ サイズを選ぶ 印刷方法を選ぶ ハンドルを選ぶ オプションを選ぶ 参考価格例 お見積もりフォーム

サービス一覧

フルオーダー紙袋 規格サイズ紙袋 OFJ紙袋 ワンポイント紙袋 ワンポイントエコクラフト紙袋

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ デザイン入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー サンプル請求 紙袋コラム 製作事例集

他商材リスト

販促ノベルティ印刷のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画製作